FC2ブログ

ご主人様のもの

私は、背が高い。
そして、胸が大きい。

一般的に、6月から衣替え。
私の会社でも、6月から半袖になった。
でも私は、夏服を着たくなかった。
会社から支給されたものは、サイズが小さくて、着られないことはないけど、胸がぱんぱんになってしまうから。
着られるけど、胸元があく。
ボタンを新たにつけてあかないようにはしていたけど、ぱんぱんなのは変えられない。
だから、着たくなかった。

小さい会社だから。
制服もそこら辺のお店で買ってきたもの。
だから、サイズの品ぞろえなんてあまりない。
試着の段階で、これは着られませんって伝えていたけど。
いつの間にかそれに決まっていた。

私以外にも、着れない人はいた。
でもその人は、全く別のものを着ていた。
私もそれがいいって思った。
でも私は、着られないことはない。
すでにその制服に決まったあと服を渡され、着てみせて大丈夫だねって言われれば、入社1年目の私では、何も言えなかった。

夏が近づくたびにすごく嫌で。
どんなに暑くてもあれを着るぐらいなら、ずっと長袖がいいって思っていた。
それでも2年間は着たけど、どうしても今年は嫌で。
6月1日も長袖で出社して。
散々悩んで、意を決して言った。
夏服、自分で似たようなものを買って着ちゃダメですかって。

一応制服はあったけど、事務員4人しかいないのに制服3種類あったから。
そろっているわけじゃないから、似たようなものならいいかなって。
次の日に上と話し合って、派手じゃないものならいいことになった。
3年目で、やっと言えた。

何で会社から支給されたものがダメなのか理由を聞かれて、胸元があくからって答えた。
そしたら、それは嫌よねって言われて、すんなり通った。
そのとき私は長袖を着ていたから、実際に着て見せてって言われるかと思っていたんだけど。
そう言われることはなかった。
母にこのことを話すと、みんな思っていたんだよって言われた。
特に女性は、よく見るからって。
あぁ、そうなんだって思った。

胸なんて普通に見える場所だから、見えていたんだろうけど。
はたから見ると、私が思っているよりマシなのかなって思っていた。
だって、誰にも何も言われなかったから。
気づいているなら、何か言ってくれるんじゃないかと思っていた。
いや、たぶん、そう思い込んでいた。
言われないってことは、はたから見ると大丈夫なんだって。
そう自分に言い聞かせて、無理やり納得させていたんだと思う。
それで何とか平静を保っていたんだ。
でも今回私が声を上げると、そうだねってすんなり通った。
あぁ、やっぱり、みんなそう思っていたんだ。

ご主人様に聞いてもらいたくて。
話し始めたら、涙が出てきて、止まらなくなってしまった。
ずっと気づいていて、ずっと見られていたことがすごくショックだった。
男性だっていっぱいいるし、お客さんだって来る。
ずっと、見られていたんだ。
すごくすごくショックだった。
汚されたみたいに思えた。
胸にコンプレックスなんてなかったけど、コンプレックスになりそうだった。

ご主人様は、泣きじゃくる私にずっと付き合ってくれて。
お前は俺のものでしょって言ってくれた。
お前はそんなことで汚されたりしないよって。
ほかの人は服の上から見えていたのかもしれないけど、その中までは見えないでしょって。
俺だけが見えて、俺はお前の身体のどんなところだって自由にできる。
お前は俺のものだ。
俺がいいって言っているんだから、いいんだよ。
お前の胸はすてきなんだから、コンプレックスに思う必要は全くない。
自信もてって。

それからずっと、私が笑えるようになるまで、電話をつなげててくれた。
この日、ご主人様は体調が悪くて寝ていたのに。
電話かけたとき、寝ていたんだ。
知らずに電話かけて、起こしてしまったの。
だから、体調悪かった。
でも、ずっとずっとお話してくれた。
くま子を使って私をからかいながら、私が笑えるようになるまでお話してくれた。
すごくすごく、ありがたかった。

ご主人様がいなければ、どうなっていたんだろうって思う。
この話をし始めたとき、しょんぼりした話として話し始めたんだ。
自分でも自分の気持ちに気づいてなかった。
こんなに大泣きすると思ってなかった。
こんなに傷ついていると思ってなかった。
ほかの人からしたらこんなことでって思うかもしれないけど。
レイプされたら、こんな気持ちになるんだろうなって思った。
それぐらいのことだった。

ご主人様は、頭なでなでって言っていたけど。
私には、ご主人様に思いっ切り抱きしめてもらったようで。
すごくすごく嬉しかった。
ちゃんと、そのあとゆっくり寝られた。

明日から、自分で買ったちゃんとした服を着ていきます。
これを思い出して泣きそうになってしまうことはまたあるかもしれないけど。
大丈夫。
私は、ご主人様のものだから。
私の身体も心も、全部ご主人様のもの。
だから、大丈夫。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

2017.06.04 | | コメント(0) | 日記



初めて②

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2017.05.28 | | 日記



初めて①

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2017.05.26 | | 日記



お見通し

仕事のことで悩んで、大泣きしてしまったとき。
ご主人様に電話して、受け止めてもらった。
でもたぶん、ご主人様体調悪くて。
早く電話を切らなきゃと思った。
だから、「さっきよりは落ち着いたからもう大丈夫です」って言ったんだ。
そうしたら、電話を切ると思って。
でも、ご主人様、切らないの。

「大丈夫ですって言ったのに、電話切らないんですか」って聞いたら
「あまり大丈夫そうじゃないからな」って。

強がったところで、ご主人様にはばればれで。
簡単に見透かされる。

まだ完全ではなかったけど、電話かけたときよりは落ち着いていたんだよ。
だから、嘘ではなかった。
でもご主人様は、私の強がりを見透かして、電話を切らなかった。
自分だって体調悪いのに。

ご主人様と主従になって、もうすぐ2年。
お前のこと、全部がわかるとは言わないけど、ある程度はわかるって。
それだけの時間を過ごしてきたからって。

たくさんの時間を一緒に過ごしてきたんだね。
会った時間は少ないけれど、一緒に過ごした時間は長い。
あなたとの時間を、これからも積み重ねていきたい。
お互いがもっともっとお見通しになるぐらいに。

もうすぐ2年。
記念日は、ラブラブなお話しましょうね。

2017.05.21 | | コメント(0) | 日記



ツイッター始めます

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2017.05.13 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:詩音
大好きなご主人様がいます。
ご主人様への想いや感じたことを書いていきたいと思います。
SMや主従のお話ができたら嬉しいです。
のろけばっかりです。
写真はありません。
出会いも求めていません。

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

いつも訪問ありがとうございます

検索フォーム